〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷
下町213 第2江洋ビル3F
tel.045-721-1024

脂質代謝内科

脂質代謝内科とは

脂質代謝内科とは

脂質は大きく分けて、コレステロールと中性脂肪(トリセグライト)に分類されます。コレステロールは、ステロイドホルモン、胆汁、生体膜の元となるもので、トリセグライトは肝臓や脂肪細胞に蓄えられ、エネルギーが不足した際に利用されるものです。

これら脂質が活動エネルギーとして適切に利用(代謝)されたり、緊急時のために蓄えられる仕組みが正常であれば問題ないのですが、LDL(悪玉)コレステロールやトリセグライトが過剰になることで、様々な疾患を招くことがあります。

脂質代謝内科では、主に脂質異常症(高脂血症)を発症している患者さん、血液検査や健康診断でトリグリセライドやLDL(悪玉)コレステロールの値が高いと指摘された方を対象としています。

脂質異常症とは

脂質異常症は、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリセグライトなど)の値が慢性的に高い状態にあるか、HDL(善玉)コレステロールの値が慢性的に少ない状態を言います。自覚症状がないので、血液検査や健康診断で指摘されて初めて気づいた方もよく見受けられます。

コレステロールは細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料でもあるので、そもそも体に必要なものですが、これが多すぎると血中のコレステロールが過剰(LDLコレステロール)になって動脈硬化を招き、さらにそのまま放置すると狭心症や心筋梗塞、脳卒中を起こすこともあります。また、HDL(善玉)コレステロールは余分なコレステロールを回収する働きがあるのですが、これが少なすぎると回収されずにコレステロールがたまりやすくなることから、この場合も過剰になります。なお、脂質の量に異常が生じる最大の要因は、食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取です。

脂質異常症の診断基準(空腹時採血)

(日本動脈硬化学会による脂質異常症の診断基準、2012年版より)
LDLコレステロール 140mg/dL以上 高LDLコレステロール血症
120~139mg/dL 境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/ dL未満 低HDLコレステロール血症
トリグリセライド 150mg/dL以上 高トリグリセライド血症

治療について

治療について

治療の目的は、血液中のLDLコレステロールを下げることで、食事療法と運動療法が中心になります。食事療法では、栄養バランスのとれた食生活(野菜・魚・豆を食べる)に努めます。運動療法では、無理のない軽度な有酸素運動(ウォーキングや水泳など)を1日30分以上、できる限り毎日行うようにします。

なお脂質異常症には3つのタイプ(高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症)があり、それぞれ食事療法は異なります。

高LDL(悪玉)コレステロール血症の患者さんは、動物性脂肪を含む食品とコレステロールを多く含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品を増やします。高トリグリセライド血症の患者さんは、糖質の多い食品やお酒を控えるほか、摂取エネルギー(カロリー)を適正にする必要があります。また低HDLコレステロール血症の患者さんは、トランス脂肪酸のとり過ぎに注意します。

このような食事療法や運動療法でも改善効果がみられない場合は、薬物療法で脂質をコントロールします。薬の種類としては、小腸でコレステロールが吸収されるのを抑える効果がある薬や肝臓でコレステロールが作られるのを抑える薬などがあります。これらは動脈硬化が進行している場合などに用いられることが多いようです。

Page top