〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷
下町213 第2江洋ビル3F
tel.045-721-1024

内分泌内科

内分泌内科とは

内分泌内科とは

内分泌内科では、脳下垂体(下垂体)、甲状腺、副甲状腺、副腎など、ホルモンを産生する内分泌臓器が障害されることで、ホルモン*の分泌異常が起こる疾患(内分泌疾患)を中心に診療いたします。

内分泌疾患は、どの臓器による障害なのか、分泌量が多いか少ないか、などによって症状は異なってきます。また、心臓病や糖尿病、更年期障害、うつ病などと症状がよく似ていることから、別の病気と間違われることもよくあります。そのため、内分泌系の疾患でないかどうかを確認するために、一度内分泌科で検査をお受けになることを、お勧めいたします。

*ホルモン:体の様々な働きを調節している化学物質で、脳下垂体や甲状腺、副腎などの内分泌腺でつくられます。ホルモンは、体の内外で環境変化が生じても、体の働きを常に同じような状態に保つ役割を果たしています。ホルモンは、多過ぎても少な過ぎても、体内の恒常性が損なわれるため、いろいろな症状・疾患を引き起こしてきます。

こんな症状はご相談ください

  • 首に腫れがある
  • 安静にしているのに、心臓がドキドキする
  • 手指が細かく震える
  • 暑がりになり、水をよく飲み、汗をたくさんかく
  • よく食べているのに痩せてきた
  • イライラしやすくなった、落ち着きがなくなった
  • 体が冷え、寒がりになった
  • 肌が乾燥し、カサカサする
  • 体が重く、だるさを感じる
  • 食欲が無いのに太ってきた
  • 朝起きた時に、顔や手がむくんでいる
  • 便秘をしやすくなった
  • 昼間も眠く、居眠りをするようになった
  • 脈がゆっくり、静かになった
  • 月経不順になった など

内分泌内科で扱う主な疾患

  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、プランマー病、甲状腺腫瘍など)
  • 脳下垂体疾患(下垂体機能低下症、先端巨大症、プロラクチノーマなど)
  • 副腎疾患(原発性アルドステロン症、アジソン病、褐色細胞種など)
  • 内分泌性高血圧

Page top