〒232-0053 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷
下町213 第2江洋ビル3F
tel.045-721-1024

AGA

AGAとは

AGAとは

AGAの正式名称は「Androgenetic Alopecia」であり、その略称となります。これは、日本語では男性型脱毛症(通称:薄毛症)のことを意味しており、思春期以降に発症する進行性の脱毛症です。

男性型脱毛症は、前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化していくのが特徴で、進行するに従って次第に細く短くなっていきます。最終的には頭の生え際が後退していき、頭頂部の毛髪は失われます。主な原因には、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが考えられます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、そのままの状態では毛髪の数は次第に減っていくだけです。したがって早めにケアをしていくことが重要です。なお日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われています。

以下のような症状がみられる方はご相談ください(例)

  • 額(ひたい)の生え際が後退してきた
  • 頭頂部の髪の毛が薄くなってきた
  • 細くて短い髪の毛が多くなった など

治療について

AGAの治療で最も有効とされているのが服用タイプのAGA治療薬による薬物療法です。服用タイプと一口に言いましても種類はいくつかあります。

多くの方は、脱毛作用の強い男性ホルモンの働きを抑制して発毛を促進させる「フィナステリド」という成分が含まれているフィナステリド配合内服薬のことをよくご存じかと思います。

ただ、そのほかにも前立腺肥大症のために開発された薬の有効成分「デュタステリド」にフィナステリドと同様の働きが認められたばかりか、効果はそれ以上期待できるというデュタステリド配合内服薬、さらに高血圧患者向けの経口薬として使用されていたミノキシジルの副作用に発毛効果が現れたことから、AGA治療薬として用いられるようになった外用タイプのミノキシジル配合外用液、服用タイプのミノキシジル配合内服薬などがあります。

同じAGA治療薬と言いましても、先に述べたように薬によって含まれている成分が異なり、それぞれの効能や服用方法も異なります。詳細をお聞きしたいという方は、お気軽にご相談ください。

Page top